TOP > グローバル就労制度 > 在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

在留資格認定証明書

ビザは在外日本公館で申請をして取得するものです。
しかし、就労を目的とする場合など中長期在留のためのビザを申請する場合、在外日本公館では日本現地の事情がよくわからないために、審査に時間がかかる場合があります。そのため、日本にある入国管理局が日本に入国、在留を希望する外国人が行う活動がそれぞれのビザの条件に適合しているかどうかを審査し、その条件に適合すると認めた場合に在留資格認定証明書を交付します。
この在留資格認定証明書を在外日本公館に提示してビザ申請をすれば、通常は入国および在留の条件に適合していると認められ、迅速にビザの発給を受けられます。
※在留資格「短期滞在」については、在留資格認定証明書交付の対象とされていません。

在留資格認定証明書交付申請から査証申請・発給までの流れ

PAGE TOP ▲