TOP > グローバル就労制度 > 在留申請手続き

在留申請手続き

在留申請手続き

日本に入国し、在留する外国人は原則として、出入国港において上陸許可を受け、その際に決定された在留資格により、在留することとなっています。
外国人が日本在留中に行うことができる活動の範囲は、この在留資格に対応してそれぞれ定められており、住所や所属機関の変更はもちろんのこと、在留資格を逸脱した活動を行う場合は、在留資格の変更手続が必要です。
例えば、在留資格以外での報酬活動を行おうとする場合には、所定の手続により資格外活動の許可を受けなければなりませんし、在留資格とともに決定された在留期間を超えて在留したいときにも在留期間の更新手続が必要となります。
申請手続きは、代理人(申請取次ぎ人等)による届出や、内容によっては郵送でも行えます。

在留申請手続き

PAGE TOP ▲